【活性炭部会からのお知らせ】

 

■活性炭による除去効果について

■活性炭再生のガイドライン

 

 

■活性炭による除去効果について

 

 

各 位

日本無機薬品協会活性炭部会

 

 

活性炭による除去効果について

 

 

この度の東北地方太平洋沖地震にてお亡くなりになられました方々のご冥福をお祈り申し上げると共に、被災地の皆様へ心よりお見舞い申し上げます。

 

 私どもは、日本無機薬品協会に所属する活性炭製造業者で構成する団体です。古くから活性炭は様々な物質の吸着除去に活用されて来ました。この度の東北地方太平洋沖地震による様々な影響を受け、特に放射性物質の吸着除去性能並びに効果に関しまして多くのお問い合わせを頂いております。しかしながら当部会並びに会員各社では放射性物質の吸着性能及び効果に関する試験結果を持ち合わせていない為、残念ながら公式な見解を申し上げる事が出来ません。

 

但し、平成23319日付けで厚生労働省健康局水道課長より各都道府県水道行政担当部(局)長宛ての技術的助言の通知が発出されております。

 この通知には『放射性物質の浄水処理については、知見の数が少ないものの、活性炭処理による除去効果を示す知見が存在するため、指標値に近い値が検出された水道事業体等においては、粉末活性炭等による処理の実施を検討し、指標値以下となるよう取り組まれたい。』との記載があります。

 この通知の根拠と考えられる放射性物質の除去性能に関する複数の論文は、国立保健医療科学院水道工学部により『浄水プロセスにおける放射性物質の除去性能に関するレビュー』としてまとめられています。この文書は国立保健医療科学院のWebサイトで公表されています。

(申し訳ありませんがこれらの所見、論文等に関しましては、下記Webサイトをご参照の上公表元へお問い合わせ願います。)

 

 当部会は厚生労働省、経済産業省及び関連機関との連絡体制を取り、適切且つ効果的な活性炭の使用にご協力して参りたいと考えております。しかしながら、短期突発的な需要増大も充分予想され需給バランスが大きく崩れる事が考えられます。一般消費財同様買い溜め備蓄は避けて頂き、本当に必要な地域・方々に効果的にご使用頂ける様皆様のご理解とご協力をお願い致す次第であります。

以上

【参考】

●福島第一・第二原子力発電所の事故に伴う水道の対応について

(健水発03191号 平成23319日:厚生労働省健康局水道課)

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000014tr1-img/2r98520000 015k18.pdf

●浄水プロセスにおける放射性物質の除去性能に関するレビュー

2011329日:国立保健医療科学院 水道工学部)

http://www.niph.go.jp/soshiki/suido/pdf/h23radioactive/Review_Removal_capability_by_water_treatments.pdf

 

※上記のword文書はこちら

 

 

 

 

■活性炭再生のガイドライン

 

 

 

活性炭は様々な分野で吸着材として、あるいは反応・触媒担体として幅広く使用されており、昨今の環境対策強化により今後さらなる拡大利用が見込まれます。

中でも粒状活性炭による「浄水」「排水浄化」「脱色精製」「脱臭」「溶剤回収」等の処理では、メーカーでの再生(基本的には再加熱による性能回復)による繰り返し再利用が可能です。この“再生業務” は環境問題対応と循環型社会形成の時代にふさわしいシステムであるといえます。

 

 しかしながら使用条件によっては、活性炭自体が危険有害物質により汚染される、多量の異物混入がある、過度の負荷を受けているなどで再生できない状態となり、産業廃棄物としての処理を余儀なくされる場合があります。このような再生業務におけるリスク要因を取り除くため、お客さま各位に対し使用条件及び含有成分等の出来る限りの開示をお願いすると共に、メーカーによる事前検査による再生可否の判断及びそのフィードバックによる相互連携の確立を図りたいと考えております。

 

 今後とも再生業務が企業コンプライアンスの判断に基づき、安全かつ経済的なシステムとして確実に運用されるべく、ここに“活性炭再生のガイドライン“改訂版を作成し関係各位の更なるご理解とご協力をお願いいたします。

 

●活性炭生産のガイドライン パンフレット

 

 

 

 

活性炭部会メンバー会社一覧